Recruit

Interview

機械調整を極め、
最高の小麦粉を製造する

製造部
森田 俊介 SYUNSUKE MORITA
2012年度 入社
環境人間学部 卒
社員インタビュー写真社員インタビュー写真

Q1
入社のきっかけは?

私は学生のころ栄養や生化学の勉強をしており、それがきっかけで食品業界に興味を持つようになりました。
実は私の就職活動は東日本大震災のときでしたので、苦労をしたのを覚えています
その中でも会社説明会や面接の際、社員の皆さんがとても落ち着いており、穏やかな雰囲気で対応してくださったことが印象的で、「ここなら長く働けそうだな」と思い入社を決意しました。

Q2
具体的な業務内容は?

主に工場オペレーターとして小麦を加工して小麦粉にする製粉業務を行っています。
私は原料である小麦から不純物を取り除く精選という工程を担当しておりまして、工程内の機械の管理、調整、メンテナンスなどを担っております。
実は小麦は日によって気温や湿度に影響され、品質に違いが出るのです。
それを見極め、安定させることが非常に難しく、大きなやりがいのひとつでもあります。

社員インタビュー写真社員インタビュー写真

Q3
好きな小麦粉製品は?

私の出身は香川県です。言わずもがな、「うどん」が私の好きな小麦粉製品であり、ソウルフードです(笑)
様々なものを食べますが、勉強も兼ねて自社製品を食べることもありますね。
地元の有名なうどん店にも自社製品を供給しているのですが、そこがとにかく美味しいんです!
ここでは店名は言えませんが、聞かれたら教えますのでぜひ行ってみてください!

Q4
1日のスケジュールは?

スケジュール
社員インタビュー写真社員インタビュー写真

Q5
これからの目標は?

現在の目標は、工場内の機械管理や調整をマスターすることです。
製造工程は自動化が進んでおりますが、小麦を粉砕するロール機やセモリナを粒度で分けるピュリファイヤーと呼ばれる機械の調整は職人的な感覚が必要とされます。
これを正しく調整することで品質のブレない小麦粉を製造することができますので、日々感覚を磨いていきたいですね。