Information

2022.10.07

手紙

思えば、私は手紙を書くことが好きな子供でした。

 

小中学生のときは、友人と手紙交換をしていましたし、

親の転勤等で引っ越ししてしまった子と文通していたのも良い思い出。

大学生のころには、便箋や封筒、可愛いシールを選ぶ楽しみを感じながら

ファンレターを書いたこともあります。

 

しかし、働くようになってから段々と手紙を書くことから離れていきました。

今年はある出来事をきっかけに手紙を綴ることが復活。

 

『これからも応援しています、頑張ってね』

が伝えたくて、何回も下書きを繰り返しながら綴りました。

送った相手の手元に届いているのかは分かりませんが、この応援している気持ちをただ伝えたかっただけなので満足しています。

 

上記に記した出来事に関連したことに対してお礼の手紙をある企業に出しました。

これもただただ嬉しかった、感謝していると伝えたかっただけで、

返信が欲しいとはまったく思ってもいませんでした。

 

つい先日、その企業から丁寧な返事をいただき、望んでいた事柄が叶う結果となりました。

多くの人が書いたお礼の手紙のおかげだと思いますが、私の手紙もその一部になれた気がして…!

 

手紙を書くきっかけになった出来事は新たな動きもあって、

手紙を送った日から月日が経っているので書きたいことが山積み。

早速この週末にでもゆっくりと手紙を書こうかな。

 

 

以上、品質管理部のM.Yでした。